結婚情報ガイドTop >  結婚について >  結婚適齢期

結婚適齢期

結婚・再婚を希望する人にとって結婚適齢期は気になるところでしょう。
実際、適齢期って何歳なのか確実に答えれる人も少ないかも知れません。
国立社会保障・人口問題研究所が調査した初婚平均年齢のデーターがあります。
このデーターによると、初婚平均年齢は男性29.6歳、女性27.8歳となっています。
これが日本人の平均初婚年齢ですので、データー上でいうと男性女性とも20代後半が結婚適齢期となるでしょう。
最近、世間では未婚化、晩婚化が進んでいると言われています。
しかし、結婚している人の半数は20代で結婚しているということです。
未婚化、晩婚化によって、結婚適齢期はもう一つ出来る可能性もありそうです。
単純にいうと日本の結婚適齢期は20代後半ということになります。
このこともふまえ、再婚に関しても結婚適齢期をあてはめて考えましょう。


結婚適齢期の本音


結婚・再婚希望者にとって結婚適齢期はきになるものの、
本音の部分はよく判らないと考えているのでしょう。
どうやら結婚適齢期はありそうです。
あるというより、本音で考えれば、自分自身の生き様で結婚の時期を考えることだと思います。
例えば、16、7歳で若く結婚に憧れていても、適齢期とは考えにくいです。
心身共に未熟なうえ、社会生活にも不慣れ、人生経験も薄く結婚に適した年齢とは言いずらいのではないでしょうか。
逆に仕事に没頭し気が付けば50歳になっていた男性が結婚を望んでも適齢期とは思えません。
「結婚はしたいと思ったときが適齢期」とカッコよくよく謳歌しても、本音で言えば苦しいものが有ります。
結婚適齢期の本音を言えば、年齢が上がるほど低くなっているのが現状です。
結婚の対象者が沢山いてこそ結婚適齢期となるのです。
再婚なども含め、結婚適齢期の本音の部分は、
「相手を探す環境」が狭くならない内に考えるのが妥当といえます。

結婚について

関連エントリー

結婚適齢期
未婚率について
結婚の定義
結婚のカタチ
再婚や結婚での女性学
結婚に対する最近の意識調査



結婚について
結婚式の手順と準備
挙式の種類
ブライダルプラン
国際結婚について
結婚生活
離婚について
離婚と裁判
離婚時に必要なお金
再婚について
再婚相手との出会い
さまざまな選択肢
運営者情報