結婚情報ガイドTop >  結婚について >  結婚のカタチ

結婚のカタチ


日本において法律的には一夫一婦制が決められ手いるため、
複数の人と結婚、再婚するのは、重婚罪として訴えられますが、
他の国々においては、色々な結婚の形がむあります。
・一妻多夫制
一人の女性が複数の男性と婚姻関係を持つ形態ですが、現在この結婚制度を正式に採用している国はありません。
ただチベットなどでは、妻が複数の兄弟を夫とする慣習があるようで、
その根源には全ての物自体に独占欲が無く、皆で共有するという慈悲の精神の宗教色がみえます。
・集団婚
互いに特定の相手を定めない婚姻形態です。
19世紀の文献では、私有財産制度が発生する以前の原始社会(母性主導)で、財産は皆で共有する精神が培っていたようです。
今、集団婚を認める国はありません。
ただ人騒がせな宗教団体では、集団婚に似た形の男女の存在があり、問題となるケースもあります。
・同性婚
男と男、女と女が結婚すること。
日本国では制度上、婚姻届は受理されません。
カナダ、ベルギー、オランダ、スペインでは法津的に認められています。
また、同の性カップルに結婚と同様の法的効果を認めている国に、
フランス、ドイツ、フィンランド、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、
ニュージーランド、イギリスなどがあります。

結婚について

関連エントリー

結婚適齢期
未婚率について
結婚の定義
結婚のカタチ
再婚や結婚での女性学
結婚に対する最近の意識調査



結婚について
結婚式の手順と準備
挙式の種類
ブライダルプラン
国際結婚について
結婚生活
離婚について
離婚と裁判
離婚時に必要なお金
再婚について
再婚相手との出会い
さまざまな選択肢
運営者情報