結婚情報ガイドTop >  結婚式の手順と準備 >  お色直し、花嫁、花婿の服装

お色直し、花嫁、花婿の服装

結婚(再婚)式のお色直しは、どのように考えたらよいのでしょうか。
結婚式のお色直しは、自分に似合い、個性を引き立ててくれる衣装を選ぶのが理想です。
好きな衣装が、必ずしも似合うわけではないので自分の好みだけに固執せず、
プロや衣装係りのアドバイスにも耳を傾けましょう。
和装洋装のバランスだけでなく、新郎の身長、体型、挙式会場、披露宴との調和も重要です。
神前式や人前式なら和洋どちらでも大丈夫ですが、キリスト教式なら洋装、仏前式なら和装になります。
規模が大きい披露宴なら、衣装も華やかなものに、身内だけの披露宴や、
友人中心の披露宴なら、豪華すぎるより親しみやすい衣装を選ぶなど、
披露宴の格や招待客の層を考慮に入れることも大切です。
また、自分中心の色直しで、招待者を待たせ、飽きさせることがないよう、適度な回数を考えるべきでしょう。
再婚の方で、結婚式を考えの方は、是非参考にしてください。


花嫁の装い(洋)


結婚(再婚)式の花嫁はどのような衣装が良いか迷いますが、教
会での結婚式を挙げるため最近はほとんどが洋装です。
花嫁の装い(洋)  
教会での挙式には厳粛な雰囲気のドレスが似合います。  
キリスト教では、戒律も厳しいのが本来の姿のため、
ウェディンクドレスも、肩や胸、腕を出さないものが原則です。
そして、床まですそを引くフルレングスのドレス、ベールも長いほどが格調あるとされています。
小物(靴、手袋、ブーケ)など全て白一色で統一するのが決まりでした。
最近ではこうした決まりにとらわれず、好みに合わせて選んでいます。
教会での結婚式はもともとはカトリック信者の為の結婚式でしたので、
厳粛であったといわれていますし、今でも露出度の高いウェディングドレスは駄目な教会もあります。
たとえ再婚であっても、結婚式は一代イベントです。


花嫁の装い(和)


結婚(再婚)式での花嫁の衣装は洋装と和装がありますが、ここでは和装について、調べましょう。
和装の衣装で一番格式の高いものは、白無垢です。
白無垢は、打掛、掛下、帯から扇子にいたるまで、すべて白色で統一した白無垢です。
格式高い白無垢は人気がありますし、花嫁にふさわしい清楚で厳かな雰囲気を醸し出します。
白色は花嫁の清純無垢な清らかさを表し、「これからどんな色にも染まる」という意味があるとも言われています。
しかし、色打掛と呼ぶ打掛けもあり、金や銀、朱など、
華やかな色を使った豪華な打掛は晴れの席にふさわしい装で披露宴などの席にはよく使われています。。
色打掛は披露宴のみならず、正式な式服としても使用できます。
また、打掛のように裾を引いた黒地の振袖も、正式な装束となります。
昭和30年代頃までは、黒の引き振袖が最も一般的な花嫁衣装でした。


花婿の装い


結婚(再婚)式での花婿の装いはどうでしょう、主役は当然花嫁ですが、
自分は脇役だからといって、どうでも良いのでは、花嫁が引き立ちません。
そこは両方のバランスがあってこそのご両人なのです。
まず、花婿の装いは日中はモーニング。
夜は燕尾服(テールコート)が洋装の第一礼装です。  
洋装の場合、本来は、挙式や披露宴の時間によって着るものが変わります。
昼間の衣装で最も格式が高いのがモーニングコートですが、準礼装はモーニングに縞のズボン。
午後6時以降の夜の衣装で最も格式が高いのが黒のテールコート(燕尾服)、準礼装はタキシードです。
普通の規模の式なら、準礼装で十分です。
また、和装の正装は黒羽二重の紋付羽織に袴 となっています。 
紋は、黒地に家紋を白く染めぬいた五つ紋で、羽織と同様、長着も五つ紋入りです。
袴はひだのある縞の袴を用意します。
帯はグレーかこげ茶の各帯を用意します。
他にも小物として、下着、長襦袢、白の羽織日ひも、白の半襟、白足袋、白い鼻緒の畳表の草履などが必要です。
花婿といっても、花嫁ほどの華麗さありませんが、やはり格式の高い正装がよいでしょう。

結婚式の手順と準備

関連エントリー

お色直し、花嫁、花婿の服装
挙式当日の心得
二次会の手配
結婚届け・各種届けの準備
結婚式の歴史と傾向
結納の手順
婚約指輪の選び方



結婚について
結婚式の手順と準備
挙式の種類
ブライダルプラン
国際結婚について
結婚生活
離婚について
離婚と裁判
離婚時に必要なお金
再婚について
再婚相手との出会い
さまざまな選択肢
運営者情報