結婚情報ガイドTop >  結婚式の手順と準備 >  挙式当日の心得

挙式当日の心得


結婚(再婚)式の当日は緊張のあまり、何も手に着かない状態がおきます。
当日の朝は必ずご飯を食べて 家を出る前に家族にあいさつを済ませましょう。
家族に「今日は宜しくおねがいします」と挨拶できると良いでしょう。
忘れ物、大切な連絡、車の手配、戸締り、をチェックし穏やかな心で結婚式にむ臨みたいと思います。
一般的に、新婦はヘアメイクや着付けに時間がかかるので、式の始まる3〜2時間前に会場入りするのがよいです。
また新郎も2〜1時間 前には到着するようにします。
会場入りの時間は、事前に指示がありますので遅れないようにします。
会場に入ったら、美容師や介添人、係の人にあいさつをし、指示に従います。
持参するようにいわれているものは、忘れずに係の人に手渡します。
着付室に入る前には、必ずトイレをすませておくようにします。
緊張のあまり、気分が悪く人もいますので、そうなったときは辛抱せず、
係りの人に早めに言って対処していただきましょう。
再婚とは言え、結婚式は緊張するものです。

結婚式の手順と準備

関連エントリー

お色直し、花嫁、花婿の服装
挙式当日の心得
二次会の手配
結婚届け・各種届けの準備
結婚式の歴史と傾向
結納の手順
婚約指輪の選び方



結婚について
結婚式の手順と準備
挙式の種類
ブライダルプラン
国際結婚について
結婚生活
離婚について
離婚と裁判
離婚時に必要なお金
再婚について
再婚相手との出会い
さまざまな選択肢
運営者情報