結婚情報ガイドTop >  結婚式の手順と準備 >  結婚式の歴史と傾向

結婚式の歴史と傾向



結婚式 神話の時代

結婚、再婚をする人にとっては、結婚式をどのような形でするか迷っている人も多いと思います。
結婚式という形をとったのは何時ごろのことでしょう。
遠いむかし、神代の時代(国生みの時代)から結婚式の基になったのではないかといわれている儀式がありました。
日本で一番古い書物「古事記」に記されている話がそうです。
「古事記」「日本書紀」などの日本神話における伊邪那岐命(イザナギノミコト)と、
伊邪那美命(イザナミノミコ)の国生み・神生み神話ではオノゴロ島に天の御柱を建て、
イザナギノミコトが「私と貴方と、この天之御柱を廻って結婚しましょう、
貴方は右から廻り、私は左から廻り逢いましょう」という約束をし、
出会ったところで「なんとまあ、かわいい娘だろう」
「ほんとにまあ、いとしい方ですこと」と呼び合って結ばれたという話があり、
この話が結婚式の起源ともいわれています。
しかし、この話は前出があり、最初は女のイザナミノミコトから、
男のイザナギノミコトに結婚を申し出て、上手くいかなかったので、
今度は男の方から申し込んで上手くいった、ということです。
やはり、結婚や再婚は男性から女性へと申し込むのが良いと暗示した話だ思います。


結婚式 平安時代


結婚、再婚の結婚式を挙げる前に、日本における古の結婚式を調べてみます。・
・平安時代の結婚式
平安時代は「通い婚」の時代です。
帝「天皇」においては、女御(おなご)と家族が入った宮中の殿舎に、
帝「天皇」が三夜続けてしのんだ後、発見され、「露顕(露見)」(ところあらわし)という宴会をおこなう。
発見されると言ってもわざと発見されるのであるから、下準備もしっかり段取りをしてのことです。
この宴会は現在の披露宴に該当します。
民間においても、平安期の結婚は男性が女性のもとに三夜続けて通う形式であるが、
女性側の家ではその間訪れる男性と従者を丁重に接待するのです。
3日目には露顕(ところあらわし)という披露宴が開かれ、新郎新婦が披露されます。
出席者は妻側の関係者のみと限られる(民間の行事)。
現在も地方には「夜這い」といって男性が女性の部屋に忍び込む風習が残っています。


結婚式 近年の傾向


近年、結婚、再婚した人の結婚式の傾向はどうでしょうか。
結婚情報誌「ゼクシィ」が調査した2006年度の人気度です。
実際に行なわれた挙式の形式の全国平均比率です。
・キリスト教式が65%
・神前式16%
・人前式(じんぜんしき)16%でした。
近年の傾向として
通常結婚式の後、披露宴が行なわれるため、
結婚式を行う場所も出席者の交通の利便性が良いことや、
大広間が利用できるホテルの利用者が多くなっています。
ホテルの結婚式場を利用する人は全体の35%を占めています。
次に多いのが結婚式場の28%でした。
このホテルや結婚式場では、ほとんど全ての用意をしていて、
式場側で結婚式も披露宴も出来、華やかな演出まで行ってくれるので、
結婚式を主催する側には大変便利になっています。
これらの式場には神社や寺院、キリスト教会の出張先として別室が設けられているのも、
近年の傾向ではないでしょうか。

結婚式の手順と準備

関連エントリー

お色直し、花嫁、花婿の服装
挙式当日の心得
二次会の手配
結婚届け・各種届けの準備
結婚式の歴史と傾向
結納の手順
婚約指輪の選び方



結婚について
結婚式の手順と準備
挙式の種類
ブライダルプラン
国際結婚について
結婚生活
離婚について
離婚と裁判
離婚時に必要なお金
再婚について
再婚相手との出会い
さまざまな選択肢
運営者情報