結婚情報ガイドTop >  結婚式の手順と準備 >  結納の手順

結納の手順

結婚や再婚には結納式があります。
日本独特の儀式ですが、古くから行われています。
結納(ゆいのう)とは、結婚の確約の儀式です。
婚約式ですから両家が親類となって「結びの縁」を持ったことの祝いです。
贈り物を「納め」合うという儀式です。
一般的には新郎家から、新婦家へ、お金(結納金)と縁起物の品を納めます。
結納はふつう、公の場でなされません。
あくまで両家の間の私的なものです。
結納によって正式に「結婚をします」という約束を交わしたということです。
他の冠婚葬祭と同様に地域によって、その儀式の仕方はまちまですから、
それとなく問い合わせをするのが賢明でしょう。
また現在では、格式張った結納を行わない風潮があります。
結婚式、結婚披露宴の前に新郎新婦の両親や家族と共に食事会などをして、顔合わせにしています。
また、仲人を立てないというのも多くなりました。
お互いの家族が確認できたら良いのであって、昔のように格式張らないようになりました。


結納品 関東の方式


結婚、再婚の準備が進み結納式をむかえますが、結納品は関東、関西では違いがあるようです。
結納品は地域によって多種多様です。
結納品は水引で豪華に飾られ、一式で数万円から数十万円がかけられます。
結納品の数は5品・7品・9品など奇数とされますが、
その意味は偶数は2で割れることから「別れる」ことに通じるため避けらています。
関東の結納品
関東では、新郎・新婦とも同格の結納品を用意します。
結納金の半額を結納返しとするし、結納品自体は関西よりもシンプルな物です。
・目録(もくろく)結納品の品名と数量を記載します。
関東では目録を一品と数えます。
長熨斗(ながのし)のしアワビは長寿をイメージ。
金包包(きんぽうづつみ)結納金・結納返しをいれるものです。
結納金は「御帯料」、結納返しは「御袴料」ともいいます。
勝男武士(かつおぶし)鰹節は男性の力強さをイメージします。
寿留女(するめ)スルメは末永く幸せを願うため 噛めばかむほど味が出るとのたとえも有ります。
子生婦(こんぶ)昆布は子孫繁栄を表します。
友白髪(ともしらが)白い麻糸は白髪になるまで夫婦仲良くの意味。
末広(すえひろ)白い扇は末広がりの繁栄を願うため。
家内喜多留(やなぎだる)酒樽は家庭円満をイメージ 。
以上が9品目です。
結納品は一品ずつ白木の台に乗せられます。


結納品 関西の方式


結婚、再婚には結納式を致しますが、関東、関西の結い納品はすこし違いますので、ここでは
関西の結納品を紹介します。
関西では、結納品は新郎側から新婦側へ「納める」ものと考えます。
新郎側は、結納金の1割程度にあたる金額の結納品を用意し、
また、新婦側は新郎側へ、結納金の1割程度の額の金品を結納返しとして贈ります。
結納品は一品ずつ白木の台に乗せられます。
結納品は関東よりも関西のほうが豪華な品物となります。
家族書・親族書など身内の関係が判る書類が付くこともあります。
・結納品
熨斗(のし) のしは長寿をイメージ。
末広(すえひろ) 白い扇は末広がりの繁栄を願うため 。
小袖料(こそでりょう) 結納金を入れる(神戸では「宝金」、京都では「帯地料」という)。
結美和(ゆびわ) 婚約指輪。
高砂(たかさご) 尉(じょう、老翁)と姥(うば、老婆)の夫婦人形のこと、年老いるまで仲睦まじくという意味。
寿留女(するめ) スルメは末永く幸せを願うため 噛めばかむほど味が出るとのたとえも有ります。
子生婦(こんぶ) 昆布は子孫繁栄を表します。
松魚料(まつうおりょう) 男性の力強さをイメージ。
柳樽料(やなぎだるりょう)酒樽は家庭円満をイメージ。
以上9品目です。

結婚式の手順と準備

関連エントリー

お色直し、花嫁、花婿の服装
挙式当日の心得
二次会の手配
結婚届け・各種届けの準備
結婚式の歴史と傾向
結納の手順
婚約指輪の選び方



結婚について
結婚式の手順と準備
挙式の種類
ブライダルプラン
国際結婚について
結婚生活
離婚について
離婚と裁判
離婚時に必要なお金
再婚について
再婚相手との出会い
さまざまな選択肢
運営者情報