結婚情報ガイドTop >  結婚式の手順と準備 >  婚約指輪の選び方

婚約指輪の選び方

結婚や再婚を決めたとは、婚約指輪をプレゼントすることになっていますが、上手な選び方を紹介しましょう。
まず、事前に予算を決めて選びましょう 。
一般的にはダイヤモンド(金剛石)が多いです。 
ダイヤモンドの婚約指輪は40万円前後のものが一番良く出ているようです。
婚約指輪は無理をして高額のものを買う必要がありません。
そのため今後の生活にしわ寄せがくるようでは、贈られる女性も嬉しくはないでしょう。
負担にならないような予算をたてるのが一番です。
  また、説明がゆっくり聞けるように、
混雑の少ない平日や土曜日の午前中に行くのポイントで指輪の内側には、
結婚年月日と二人のイニシャルを彫ってもらいましょう。


婚約指輪の見立て方


結婚、再婚の指輪の見立て方  
結婚の婚約指輪は左手の薬指にはめるのが一般的です。
気に入った指輪が見つかったら、はめてみましょう。
実は、人間の左右の手は、見た目のイメージが少し違うものです。
利き手のほうの指は、太かったりゴツゴツしたりしています。
また、ケースの中に飾ってある時と、実際指にはめてみたのとではかなり感じが違うことがあります。
宝石の輝きとアームの感触、それが自分の指に合うのか確かめてください。
指につけて手がきれいに見えるか、カラーストーンの場合は肌色とのバランスはあうのかじっくり確かめましょう。
大切な結婚の婚約指輪指ですので、じっくりと時間をかけて選びましょう。
また、その人のイメージにそぐわない時もありますから、
販売員に高額な品という理由で押しつけられるのは止めましょう。


婚約指輪は信用の高い宝石店のを選ぼう


再婚、結婚の婚約指輪を買う宝石店は、信用のある宝石店を選びましょう。
宝石選びは素人目には本当にその値打ちのある石なのかどうか、判りにくく、迷ってしまうものです。
まずは予算を決め、信頼できる宝飾店やデパートの宝石売り場で店員のアドバイスを受けながら選ぶのが良いでしょう。
時間がある限り、信頼できる店を廻って価格だけでは判断できませんので、たくさんの良い品を見ることです。
一つ目安は、老舗の伝統のある店を選ぶのも良いと思います。
老舗の店には、数多くの商品が揃っていて、販売員も親切に対応してくれますし、
販売された商品に対してもきちんとアフターサービスを行ってくれます。

結婚式の手順と準備

関連エントリー

お色直し、花嫁、花婿の服装
挙式当日の心得
二次会の手配
結婚届け・各種届けの準備
結婚式の歴史と傾向
結納の手順
婚約指輪の選び方



結婚について
結婚式の手順と準備
挙式の種類
ブライダルプラン
国際結婚について
結婚生活
離婚について
離婚と裁判
離婚時に必要なお金
再婚について
再婚相手との出会い
さまざまな選択肢
運営者情報