結婚情報ガイドTop >  挙式の種類 >  神前結婚式

神前結婚式

結婚、再婚には欠かせない神前結婚式の情報です。
神前結婚式は具体的な式順としては
・巫女の先導で新郎新婦、媒酌人、新郎両親、新婦両親、新郎親族、新婦親族の順に入場します。
・最後に神主が入場します。
・巫女が式の始まりを宣言、神主の拝礼に合わせ一堂が起立して神前に礼をします。
・禊(みそぎ)を行う為、神主が御幣(ごへい)を振って穢(けがれ)を祓う。
・参加者一同は起立したまま軽く頭を下げます。
・神主が神前で二人の結婚を神に報告し、神の加護を願う。
・参加者一堂は起立して頭を下げます。
・三々九度の杯を交わす。
・新郎が一の杯を受け、次に新婦がその杯を飲み干す。
・二の杯は新婦から新郎の順、三の杯は新郎から新婦の順で受けます。
どの杯も必ず三口で飲み干します。
・新郎新婦が神前に進み出て誓いの言葉を読み上げます。
・新郎が本文を読み、新婦は自分の名前の部分を読みます。
・玉串を神前に捧げ「二礼二柏手一礼」の順で拝礼して下がります。
・新郎新婦に続いて媒酌人、親族代表が玉串を捧げます。
・両家の親族、新郎新婦、媒酌人が杯を戴きます。
・その後神主が祝いの挨拶をし、一堂で礼。
・神主退場の後、新郎新婦、媒酌人、親族の順に退場します。
・式の後披露宴に移ります。

挙式の種類

関連エントリー

神前結婚式
仏前結婚式
人前結婚式
キリスト教式(教会)



結婚について
結婚式の手順と準備
挙式の種類
ブライダルプラン
国際結婚について
結婚生活
離婚について
離婚と裁判
離婚時に必要なお金
再婚について
再婚相手との出会い
さまざまな選択肢
運営者情報