結婚情報ガイドTop >  挙式の種類 >  仏前結婚式

仏前結婚式

結婚、再婚する人で、仏教になんらか関係している人は仏前結婚式を行うようです。
仏前結婚式は仏様に二人の結婚を誓う儀式です。
1892年に浄土真宗本願寺派の藤井宣正が東京白蓮社会堂に挙げた結婚式が最初といわれています。
菩提寺の本堂にて行なう場合が一般的ですが、本尊を安置している場所であったり、
公民館、家庭でも結婚の挙式は可能であります。
具体的な式順は宗派によって多少の違いがあります。
住職(司婚者)と出席者一同が、本尊に結婚を奉告し、住職から説法を受けます。
結婚記念の念珠を拝受し、互いに敬愛を誓いあう誓紙に署名します。
結婚しても終生仏教徒としての変わらぬ誓いもたてます。
その後、三三九度の杯を交わすのが大筋です。
仏前結婚式は、ほぼ仏教関係者に限られており、一般的にはほとんど行われていないと思います。

挙式の種類

関連エントリー

神前結婚式
仏前結婚式
人前結婚式
キリスト教式(教会)



結婚について
結婚式の手順と準備
挙式の種類
ブライダルプラン
国際結婚について
結婚生活
離婚について
離婚と裁判
離婚時に必要なお金
再婚について
再婚相手との出会い
さまざまな選択肢
運営者情報