結婚情報ガイドTop >  挙式の種類 >  キリスト教式(教会)

キリスト教式(教会)


結婚、再婚をする人で結婚式をどんな様式でするかは重要な点です。
最近は本当に多くなってきた、キリスト教式の結婚式を紹介します。
キリスト教式(教会)
キリスト教の結婚式は、キリスト教徒の為のものでした。
神と証人の前で永遠に結婚の約束を誓うというのが本来の意味です。
そのため宗派によっては信徒でなければ結婚式があげられない教会があります。
また結婚式を挙げたいと希望するカップルには、一定期間ですが、
教会での結婚講座をすすめる教会もあるほどです。
式進行は、先に新郎が入場し、新婦がウェディングドレスを身にまとい、
父親にエスコートされて入場してきます。
バージンロードといわれる赤いじゅうたんの通路を進み、エスコート役の父親が新郎に新婦を引き渡します。
聖書の朗読、賛美歌(聖歌)、神前での誓い、二人への祝福、
結婚誓約書へサイン・婚姻簿への記入、指輪の交換、誓いのキス、などが行われます。
新郎新婦退場の時ブーケ・トスやフラワーシャワー、
ライスシャワー(新郎新婦の幸せをねたむ悪魔から守る儀式、花を降らせ、花の香りでまわりを清めます)などを降らせます。
日本でも若いカップルは信者でなくとも、キリスト教式で結婚式を挙げる人が多くなっています。

挙式の種類

関連エントリー

神前結婚式
仏前結婚式
人前結婚式
キリスト教式(教会)



結婚について
結婚式の手順と準備
挙式の種類
ブライダルプラン
国際結婚について
結婚生活
離婚について
離婚と裁判
離婚時に必要なお金
再婚について
再婚相手との出会い
さまざまな選択肢
運営者情報