結婚情報ガイドTop >  国際結婚について >  台湾人との結婚

台湾人との結婚


結婚・再婚など相手が外国人である場合、法律上の問題が生じます。
まずは、結婚届けを出す市町村の戸籍を管轄する窓口にいき、相談をして下さい。
ここでは外国人との結婚が、台湾人女性と日本人男性が日本において、
婚姻する場合について記していますので参考にして下さい。
外国人との結婚で、台湾女性が日本人男性と婚姻する場合、
まず日本国の法律上の婚姻要件を準備していることが必要です。
台湾人についての審査については、中華人民国民法の規定する年齢、近親婚の禁止、重婚の禁止の審査を受けます。
この審査のために、婚姻届には台湾戸籍が必要になります。
この時、国外転出の年数が長い人は台湾戸籍に身分事項が記載されていない場合があります。
書面審査が通ると、市区町村長から管轄法務局あてに受理照会され、
管轄法務局において直接ご本人からお話を聞くことになります。
結婚要件は、外国人との再婚や結婚に関しても、日本の民法第733条が規定する6か月の待婚期間も適用になります。
婚姻届の添付書面は、台湾戸籍とその日本語翻訳文を提出しなければなりません。
また、日本人男性側の戸籍謄本も取り寄せ提出します。

国際結婚について

関連エントリー

台湾人との結婚
国際結婚による再婚
中国人との国際結婚
アメリカ人との結婚や再婚
フィリピン人との国際結婚



結婚について
結婚式の手順と準備
挙式の種類
ブライダルプラン
国際結婚について
結婚生活
離婚について
離婚と裁判
離婚時に必要なお金
再婚について
再婚相手との出会い
さまざまな選択肢
運営者情報