結婚情報ガイドTop >  結婚生活 >  高齢出産

高齢出産

結婚・再婚では必ず子どもの問題が生じてきます。
子どもが欲しい人欲しくない人色々ありますが、
一般的に考えると、高齢になって再婚や結婚する事は、当然高齢出産に臨まなくてはなりません。
高齢出産も時代とともに可能になってきていますが、年齢が高くなるにつれ、
母体や胎児に与える影響などの「リスク」は高くなってきます。
身体的、精神的な負担とか、育児への体力的な負担も起きてきます。
高齢出産は子どもへの愛情は深く、溺愛の傾向にいきますので躾や子育て教育には、
しっかりと正しく行うよう心しましょう。
高齢出産は将来の生活設計もしっかり立てて、老後に親子で困らぬよう考えていくのがよいでしょう。
結婚・再婚を考えるのは、人生の全てを設計することで何事も良い方向へと進めることができるのです。


高齢出産のリスク


高齢出産のリスク
再婚、結婚を望むとき、もし「出産」を考えているのなら、あせってはいけませんが、のんびりし過ぎもいけません。
なぜならば再婚の場合、妊娠する母は、どうしても高齢出産になるからです。
結婚をしたからには、可愛い子供を作りたいと誰もが望むことです。
高齢出産とは、35歳以上の初産、40歳以上の第二子出産を指しますが、
次のようなリスク&デメリットがあるといわれています。
「高齢出産のリスク&デメリット」
・高齢になるほど自然妊娠しにくくなる
・ダウン症などの染色体異常児の発生率が高くなる
・切迫流産や切迫早産になりやすい
・難産のため吸引・鉗子分娩・帝王切開等になることがある・妊娠中毒症を起こしやすくなる
・出産時微弱陣痛のため難産になりやすい
・前期破水しやすい
・子宮口の開きや膣・会陰などの伸びが悪くなる
・分娩に時間がかかる事が多くなる
・子宮口の開きや膣・会陰などの伸びが悪くなる
・出産後母体の回復が遅くなる
高齢出産は、精神的に余裕を持って子育てが出来るといったメリットもありますが
(甘やかしの育児に傾向へなねことも)、身体的にはリスクについて考えないわけにはいきません。
だからといって無事に出産しているケースの方が圧倒的に多いのですから、
せっかく結婚して幸せな家庭を築きたいと願っているのですから、神経質になり過ぎることもないのです。
高齢出産のリスクについては、医師と慎重にコミュニケーションを取りながら臨むのがよいでしょう。
最近の高齢出産に対する医学も進歩しています。

結婚生活

関連エントリー

家事について
家政学の歴史
高齢出産
新居



結婚について
結婚式の手順と準備
挙式の種類
ブライダルプラン
国際結婚について
結婚生活
離婚について
離婚と裁判
離婚時に必要なお金
再婚について
再婚相手との出会い
さまざまな選択肢
運営者情報