結婚情報ガイドTop >  離婚と裁判 >  調停離婚

調停離婚


離婚の方法の中に、調停離婚というのがありますが、これは裁判所の調停員の指導を受けながら、
夫婦の言い分を調停して頂き、離婚へと解決していく方法です。
家庭裁判所の調停において、夫婦間に離婚の合意が成立し、これを調書に記載したときは、
離婚の判決と同一の効力を有するということになります(家事審判法21条本文)。
離婚の訴えを提起しようとする者は、
まず家庭裁判所に調停の申立てをしなければならない(同法18条、17条)、これを調停前置主義といいます。
このように離婚には、調停離婚というのがありますが、仮に再婚をしようとした場合、
どのような別れ方をしたかというのも問題になり、たずねる人も多いのです。
出来れば協議離婚、調停離婚までで解決していくのが良いでしょう。

離婚と裁判

関連エントリー

成田離婚
協議離婚
調停離婚
審判離婚
裁判離婚



結婚について
結婚式の手順と準備
挙式の種類
ブライダルプラン
国際結婚について
結婚生活
離婚について
離婚と裁判
離婚時に必要なお金
再婚について
再婚相手との出会い
さまざまな選択肢
運営者情報