結婚情報ガイドTop >  離婚と裁判 >  裁判離婚

裁判離婚

離婚の形の中で裁判離婚というのがありますが、これは協議離婚、調停離婚、
審判離婚などにより、離婚できなかったケースが裁判離婚へと進んでいきます。
わが国の約1%が裁判による離婚です。
離婚するか否かを法律によって判断するのですから、裁判官は法律上の原因があるかどうかを考慮します。
以前は浮気をした配偶者からの申立ては退けられていましたが、
最近はその結婚生活の実態を考慮し、もはや破綻しているという場合には、
有責配偶者からの申立ても認められています。
裁判離婚は、離婚となる原因が無い場合は離婚できないのが原則ですが、
結婚生活の破綻は精神的な面において起きるのがほとんどではないでしょうか。
人には表面的にしか判らない生活の中で、内面を見つめていくところですので、
裁判となると相手の欠点を言い合うという形になり、辛い裁判となるります。
また再婚するときの条件に、裁判離婚は厳しい過去と映り損な立場になりますが、
それでも離婚したいという気持ちも理解を示めさなければならないのです。


離婚と裁判

関連エントリー

成田離婚
協議離婚
調停離婚
審判離婚
裁判離婚



結婚について
結婚式の手順と準備
挙式の種類
ブライダルプラン
国際結婚について
結婚生活
離婚について
離婚と裁判
離婚時に必要なお金
再婚について
再婚相手との出会い
さまざまな選択肢
運営者情報