結婚情報ガイドTop >  離婚時に必要なお金 >  財産分与

財産分与


結婚、再婚している人が離婚すれば、財産分与のことは当然大きな問題となってきます。
離婚の後始末として、財産分与ってどうなっているのでしょうか
財産分与とは分かりやすくいえば、
「結婚生活中に夫婦間の協力によって蓄積された財産を離婚時に清算する」というものです。
その他、離婚後の生活に困らないようにするという扶養目的もあります。
財産分与を請求できるのは離婚後2年までですので気をつけましょう。
財産分与を分類すれば次のようになります。
・清算的財産分与
財産分与の主な部分で、夫婦生活の中で得られた金銭・不動産・有価証券などの財産を離婚時に清算することです。
夫が働いて得た賃金から不動産を買った場合でも、
妻が家事全般をこなすことによって夫が安心して仕事に出かけられた訳ですから、
その不動産の名義が夫だけであっても財産分与の対象になる実質的共有財産 をいいます。
・過去の婚姻費用の清算
婚姻費用とは夫婦が生活していく上に必要となる生活費のことです。
・扶養的財産分与
財産分与の割合を決めるポイントは
「離婚によって生活が苦しくなる側の生活を他方がサポートする」という面からも財産分与の割合が決まります。
・慰謝料的財産分与
慰謝料と財産分与は別のものですが、
実際の離婚では財産分与に慰謝料が含まれるケースも多いようです。


離婚時に必要なお金

関連エントリー

慰謝料
財産分与
養育費



結婚について
結婚式の手順と準備
挙式の種類
ブライダルプラン
国際結婚について
結婚生活
離婚について
離婚と裁判
離婚時に必要なお金
再婚について
再婚相手との出会い
さまざまな選択肢
運営者情報