結婚情報ガイドTop >  再婚について >  女性の再婚禁止期間

女性の再婚禁止期間


再婚をするに当たって女性には、再婚禁止期間というものがあります。
目的は父親の推定がわからなくなり、混乱を防ぐためといわれています。
日本では民法第733条の規定により、女性は前の結婚の解消の日から6ヶ月は結婚できないと定められています。
その問題点は、現在の規には女性にだけに再婚禁止期間があり、男性にはありません。
そのため女性蔑視、平等の権利を定めた憲法に違反しているのではないかとの指摘があります。
しかし、最高裁は女性の再婚禁止期間を合憲だとしています。
女性の再婚禁止期間には例外があります。
・その例外は、前夫の子を懐胎している時は、出産の日以降であれば、再婚禁止期間は適用にならない。
・再婚相手が前回の離婚相手の場合です。
(これは離婚した人と結婚したい人とが同じ人であるということです)
このように女性が再婚するときは、前回の結婚の消滅日が問題となってくるのです。

再婚について

関連エントリー

再婚の仲介について
女性の再婚禁止期間
バツイチの語源
子連れ再婚
中高年の再婚



結婚について
結婚式の手順と準備
挙式の種類
ブライダルプラン
国際結婚について
結婚生活
離婚について
離婚と裁判
離婚時に必要なお金
再婚について
再婚相手との出会い
さまざまな選択肢
運営者情報