結婚情報ガイドTop >  さまざまな選択肢 >  ムント結婚

ムント結婚

ムント結婚は古代ゲルマン民族の結婚の様式です。
ムントはドイツ語の「家父長権」という意味です。
ですから花嫁は売買の対象でありました、父親の所有物となり、
土地、建物、食料といった物との交換に売買されたのです。
ムント結婚で花嫁が譲られると、両家の間に婚約が成立します。
その後、花婿がムントを貰う儀式を終え、証人の前で床入りします。
今の日本では信じられないのですが、花嫁は純潔を守っていたかどうかが確かめられ、
処女であれば夫が妻に朝の贈り物をして、ようやく結婚が成立といった段取りです。
尚、両家の身分が違う場合はムント結婚ではなく、和合結婚の形式がとられました。
和合結婚の場合、花嫁側の家がムントを手放す必要が無くなるのです。
このムント結婚は、恋愛結婚も離婚も再婚もありません。
娘が父親の所有物にしかなかったゲルマン時代のムント結婚です。

さまざまな選択肢

関連エントリー

できちゃった婚
オープンマリッジ
同姓結婚
ムント結婚
非嫡出子
女の勲章
DINKS(ディンクス)



結婚について
結婚式の手順と準備
挙式の種類
ブライダルプラン
国際結婚について
結婚生活
離婚について
離婚と裁判
離婚時に必要なお金
再婚について
再婚相手との出会い
さまざまな選択肢
運営者情報