結婚情報ガイドTop >  さまざまな選択肢 >  非嫡出子

非嫡出子

結婚や再婚をし、子供ができると嫡出子として戸籍に届けられます。
非嫡出子とは俗に私生児、私生子などとも称されますし、かつては庶子と称されました。
非嫡出子は父親との間に生まれた事実を証明しなければ法的親子にはなりません。
子供の母親が別の男性と結婚している場合、子供はその夫婦の嫡出子となります。
その為、親子関係不存在、嫡出否認の訴えが認められるまでは認知できません。
嫡出子は母の夫が父であると推定されるが、非嫡出子は父の認知によって父子関係が成立します。
逆にいうと子の父親が認知しなければ法的に親子とは認められないのです。
嫡出子は父母の姓を名乗りますが、非嫡出子は母の姓を名乗ります。
父の姓への変更は家庭裁判所の許可がおりれば可能です。
このとき子は父の戸籍に入ります。
嫡出子の親権は父母が共同で行うが、非嫡出子の親権は母が単独で行います。
ただし父が認知し父母の話合いによって父を親権者と定めることができます。
父の戸籍に入った子は戸籍上では「子」となります。

さまざまな選択肢

関連エントリー

できちゃった婚
オープンマリッジ
同姓結婚
ムント結婚
非嫡出子
女の勲章
DINKS(ディンクス)



結婚について
結婚式の手順と準備
挙式の種類
ブライダルプラン
国際結婚について
結婚生活
離婚について
離婚と裁判
離婚時に必要なお金
再婚について
再婚相手との出会い
さまざまな選択肢
運営者情報